閉じる

期間限定 セットでお得 送料無料
総額20%引き!めにサプリキャンペーングランドフィナーレエフマセット

通常合計額15,218円から20%引きで3,043円のお得!

「めにサプリ」を初め、先日リニューアルしたばかりの「にゅ~みん」、「ハイサラシア タブレット」「記憶の番人」「コレカットレモン」「コレカットゼロ」が全部入り。
総額20%引き送料無料の大変お得なセットです。自分に合う機能性表示食品を探したい方にぴったりです。

・めにサプリ クロセチン(税込2,700円) × 1袋(30日分)
・にゅ~みん(税込853円)× 2袋(10日分)
・記憶の番人(税込4980円) × 1袋(30日分)
・ハイサラシア タブレット(税込5400円) × 1袋(30日分)
・コレカットレモン (税込216円) × 1缶(1日分)
・コレカットゼロ (税込216円) × 1缶(1日分)

※この商品は定期購入ではありません。

めにサプリキャンペーングランドフィナーレエフマセット

税込12,175
商品コード
Me-full
発売日
2022/09/01
個別送料
0
在庫
めにサプリ クロセチンの詳細はこちら
にゅ~みんの詳細はこちら
記憶の番人の詳細はこちら
ハイサラシアの詳細はこちら
コレカットの詳細はこちら

商品情報

めにサプリ クロセチンの商品情報 

製品の特徴
成分
届出内容
アレルギー
届出表示
本品にはクロセチンが含まれます。クロセチンは、良質な眠りをサポートする(睡眠の質(眠りの深さ)を高め、起床時の眠気や疲労感を和らげる)ことが報告されています。また、目のピント調節をサポートする(パソコン作業などにより生じる目の調節機能の低下を和らげる)ことが報告されています。
機能性関与成分名
クロセチン 7.5mg
1日あたりの摂取目安量
1カプセル(0.28g)
栄養成分表示
エネルギー:1.77kcal、たんぱく質:0.10g、脂質:0.14g、炭水化物:0.03g、食塩相当量:0~0.001g
届出番号
E852
製造者
株式会社メニコン
保存の方法
直射日光、高温・多湿を避け、常温で保存してください。
摂取の方法
一日当たりの摂取目安量を守り、水などと一緒にお召し上がりください。
摂取上の注意
本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日当たりの摂取目安量を守ってください。原材料をご確認の上、食物アレルギーのある方は摂取を避けてください。温度や湿度の影響により、カプセル同士が付着したり、原料の特性上、色むらなどがみられることがありますが、品質には問題ありません。
ご注意
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
ゼラチンアレルギーの方は摂取を避けてください。
成分名
クロセチン
安全性評価
当該製品(めにサプリ クロセチン)には、機能性関与成分「クロセチン」が7.5 mg/日の摂取量となるように配合されています。当該製品は新製品であり喫食実績がないため、既存情報による安全性試験の結果を用いて安全性を評価しました。
既存情報としてクロセチンの安全性に関して5編の論文がありました。2編がin vitro試験およびin vivo試験に関する論文であり、クロセチンは遺伝子突然変異誘発能やDNA損傷性を示さないことが報告されています。また3編の論文が成人男女を対象としてクロセチンの安全性を評価した臨床試験に関する報告でした。臨床試験では、クロセチンを過剰に摂取する試験(当該製品の1日摂取目安量の3倍量のクロセチンを4週間連続で摂取する試験および5倍量のクロセチンを4週間連続で摂取する試験)と長期に摂取する試験(当該製品1日摂取目安量のクロセチンを12週間連続で摂取する試験)が実施されており、いずれの試験においても問題となる事象は認められませんでした。
これらの既存情報から、当該製品においても、1日摂取目安量を摂取した場合、人の健康を害することはないと評価しました。
医薬品との相互作用
なし
機能性評価
①良質な眠りをサポートする機能
2編の研究論文を評価した結果、1日あたり7.5 mgのクロセチンを含む食品を摂取することにより、プラセボ食品(クロセチンを含まない食品。クロセチンを含む原材料を試験に影響を与えない原材料に置き換えたものであり、その他についてはクロセチンを含む食品と同じである食品)を摂取したときよりも、デルタパワー(深い眠りを示す指標)が増加し、睡眠時の中途覚醒回数が減少しており、睡眠の質(眠りの深さ)が向上することがわかりました。さらに、起床時の眠気や疲労感も和らぐことがわかりました。なお、クロセチンの摂取に起因する副作用や健康被害はなかったことが報告されています。
②目のピント調節をサポートする機能
2編の研究論文を評価した結果、1日あたり7.5 mgのクロセチンを含む食品を摂取することにより、プラセボ食品を摂取したときよりも、VDT作業後の調節機能検査値が改善しており、パソコン作業などで近くのものを見続けることにより生じるピント調節機能の低下が和らいでいることがわかりました。なお、クロセチンの摂取に起因する副作用や健康被害はなかったことが報告されています。
作用機序
①良質な眠りをサポートする機能           
クロセチンやクロセチン配糖体(クロシン)のマウスへの投与によりノンレム睡眠が増強し、覚醒時間が減少することが報告されています。 野生型のマウスにクロシンを経口投与すると自発的運動量が減少(睡眠量が増加)するのに対し、ヒスタミン H1受容体を欠損した遺伝子改変マウスに経口投与した場合は、マウスの運動量抑制効果が一部消失しました。 一方、ドーパミン D2受容体やアデノシン A1受容体欠損マウスでは、運動量抑制効果の消失は認められませんでした。 なお、クロシンは経口にて摂取した場合、腸管吸収において糖が外れ、体内(血中)ではクロセチンの状態で存在することがマウスやヒトを対象とした試験において確認されており、クロシンを経口投与した場合に認められる作用はクロセチンによるものと考えて差し支えないといえます。 これらの結果から、クロセチンがヒスタミンによる覚醒系(ヒスタミン神経系)の調節に関与することで、ノンレム睡眠(深い眠り)が増強したと考えらます。また、これらの作用により睡眠感も向上したと考えられます。           
②目のピント調節をサポートする機能           
調節(Accommodation)とは、すべての距離・形・輝度・色の複雑な視入力に対して、連続して焦点をあわせる働きをいいます。 調節は近方調節と遠方調節のバランスで成り立っており、前者には副交感神経系が、後者には交感神経が関与していると考えられています。 VDT(Visual Display Terminals)作業(コンピューターのディスプレイなどの表示機器を使用した作業)による調節障害は、副交感神経の異常興奮による毛様体筋の調節緊張に主因があると考えられています。           
クロセチンは、血液網膜関門を通過することが示唆されており、摂取後に吸収され血中に移行したクロセチンが、毛様体筋に直接作用していると考えられます。 クロセチンは、抗酸化作用、眼血流改善作用および眼炎症抑制作用を示すことから、これらの作用により、毛様体に栄養を供給している微小循環動態を改善することで、毛様体筋の緊張を緩和すると考えられます。 また、クロセチンは、抗不安作用や睡眠の質を改善する作用などを示すことが明らかとなっており、自律神経に作用する可能性が示唆されています。クロセチンが自律神経の乱れを整え、調節緊張状態を改善した可能性も考えられます。           
このように、クロセチンの摂取は、VDT作業によって生じる毛様体筋の過度な緊張の緩和を促すことで、調節機能の低下を和らげていると考えられます。
食品の区分
加工食品(サプリメント形状)
届出代表者
株式会社メニコン 田中英成
お客様相談室の連絡先
0120-612-860
想定する主な対象者
疾病に罹患していない健常な成人男女
安全性の評価方法
既存情報による安全性試験結果の評価
機能性の評価方法
機能性関与成分に関する研究レビュー
生産・製造及び品質管理
本製品を製造している工場は、国内の健康補助食品GMP認定工場で、予め定められた適正な製造基準に従って製造しています。
過剰摂取に繋がらない理由
健康増進法施行規則第11条第2項で定められた栄養素について、本品の1日あたりの摂取目安量1カプセル(0.28g)は以下の通りです。
・脂質:0.14g
・炭水化物:0.03g
・食塩相当量:0~0.001g(ナトリウムとして、0~0.0393 mg)
脂質は厚生労働省の日本人の食事摂取基準2015によると1日当たり成人男性・成人女性ともに20~30%エネルギーとするよう目標とされており、これを日本人の食事摂取基準中の活動レベルが普通の健常成人で必要な総エネルギー量から脂質摂取量に換算した場合、 1日当たり脂質は目安として成人男性で58~88g、成人女性で44~66gに相当します。本品の脂質は1カプセルあたり0.14gであることから、栄養素の過剰摂取にはつながらないと考えられます。           
ナトリウムについては、厚生労働省の日本人の食事摂取基準2015によると食塩相当量として1日当たり成人男性で8.0g、成人女性で7.0g未満とするよう目標とされているが、その目標値も大きく下回っているため過剰摂取にはつながらないと考えます。
糖類については、本品では炭水化物を1カプセル当たり0.03g含有しています。日本人の食事摂取基準(2015年版)には糖類の摂取基準は設けられていません。 一方、WHOガイドラインでは糖類(遊離糖類free sugars)の摂取量を総エネルギー摂取量の10%未満とすること強く推奨されています。 日本人の食事摂取基準中の活動レベルが普通の健常成人で必要な総エネルギー量から糖類摂取量に換算した場合、1日当たり糖類は目安として成人男性で66g、成人女性で50gに相当します。 本品の炭水化物(0.03g)が全て糖類と仮定した場合でも、本品に含まれる糖類量はWHOガイドラインと日本人の食事摂取基準から換算した糖類量にも満たないことから、糖類の過剰摂取にはつながらないと判断しました。
消費者庁届出情報DB
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=42106180160401
小麦 えび かに 落花生 そば ゼラチン
× × × × × × ×

※ゼラチンアレルギーの方は摂取を避けてください。



にゅ~みんの商品情報

製品の特徴
成分
届出内容
アレルギー
届出表示
本品にはクロセチンが含まれます。クロセチンは、睡眠の質(眠りの深さ)を高め、起床時の眠気や疲労感を和らげることが報告されています。
機能性関与成分
クロセチン 7.5 mg
1日あたりの摂取目安量
1枚(70g)
栄養成分表示
エネルギー:0.21kcal、たんぱく質:0.0006g、脂質:0.0007~0.004g、炭水化物:0.06g、食塩相当量:0.00002g
届出番号
F199
製造者
カルビー株式会社
保存の方法
直射日光の当たる所、高温多湿の所での保存はさけてください。
摂取の方法
1日1枚を目安に、就寝前、舌の上に1枚のせて、上あごに貼り付けてお召し上がりください。
摂取上の注意
本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
ご注意
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。           
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
原材料名をご確認の上、食物アレルギーのある方はお控えください。
成分名
クロセチン
安全性評価
当該製品(にゅ~みん)には、機能性関与成分「クロセチン」が7.5 mg/日の摂取量となるように配合されています。「クロセチン」の原材料として、原料供給メーカーである理研ビタミン株式会社より「クロビット P」が販売されており、当該製品にも使用されています。当該製品は新製品のため販売実績(喫食実績)がないもののクロセチン(クロビット P)を配合した当該製品に類似する製品が既に販売されており、これらの喫食実績をもとに当該製品の安全性を評価しました。           
当該製品と類似する食品の販売数量は、当該製品個数に換算すると、2006年の販売開始から2017年度末までの累計で約370万個に相当します。また、これまでにクロセチンに起因すると判断された健康被害情報は報告されていません。           
以上のことから、当該製品においても、1日摂取目安量を摂取した場合、人の健康を害することはないと評価しました。
医薬品との相互作用
なし
機能性評価
「クロセチン」による睡眠の質を向上させる機能           
2編の研究論文を評価した結果、1日あたり7.5 mgのクロセチンを含む食品を摂取することにより、プラセボ食品(クロセチンを含まない食品。クロセチンを含む原材料を試験に影響を与えない原材料に置き換えたものであり、その他についてはクロセチンを含む食品と同じである食品)を摂取したときよりも、デルタパワー(深い眠りを示す指標)が増加し、睡眠時の中途覚醒回数が減少しており、睡眠の質(眠りの深さ)が向上することがわかりました。さらに、起床時の眠気や疲労感も和らぐことがわかりました。なお、クロセチンの摂取に起因する副作用や健康被害はなかったことが報告されています。           
作用機序
クロセチンやクロセチン配糖体(クロシン)のマウスへの投与によりノンレム睡眠が増強し、覚醒時間が減少することが報告されている。野生型のマウスにクロシンを経口投与すると自発的運動量が減少(睡眠量が増加)するのに対し、ヒスタミン H1 受容体を欠損した遺伝子改変マウスに経口投与した場合は、マウスの運動量抑制効果が一部消失した。一方、ドーパミン D2受容体やアデノシン A1受容体欠損マウスでは、運動量抑制効果の消失は認められなかった。なお、クロシンは経口にて摂取した場合、腸管吸収において糖が外れ、体内(血中)ではクロセチンの状態で存在することがマウスやヒトを対象とした試験において確認されており、クロシンを経口投与した場合に認められる作用はクロセチンによるものと考えて差し支えないといえる。これらの結果から、クロセチンがヒスタミンによる覚醒系(ヒスタミン神経系)の調節に関与することで、ノンレム睡眠(深い眠り)が増強したと考えられる。また、これらの作用により睡眠感も向上したと考えられる。           
食品の区分
加工食品(その他)
届出者
カルビー株式会社 伊藤 秀二
お客様相談室の連絡先
0120-55-8570
想定する主な対象者
健常な成人男女
安全性の評価方法
既存情報による安全性試験結果の評価
機能性の評価方法
機能性関与成分に関する研究レビュー
生産・製造及び品質管理
当該製品の製造所であるツキオカフィルム製薬株式会社は、公益財団法人 日本健康・栄養食品協会の健康食品GMPの認定を取得しており、GMP基準に準拠した生産・製造および品質管理を実施しています。           
過剰摂取に繋がらない理由
当該製品中の一般成分を分析した結果、1日摂取目安量1枚あたり(70mg)の栄養成分量は、エネルギー 0.21kcal、たんぱく質 0.0006g、脂質 0.0007g~0.004g、炭水化物 0.06g(糖質0.03g(糖類0.00006g)、食物繊維 0.03g)、食塩相当量 0.00002gであった。           
以上のことから、当該製品を継続的に摂取しても、健康増進法施行規則第11条第2項で定める栄養素の過剰な摂取にはつながらないと考えられる。           
 
消費者庁届出情報DB
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=42201280310600
小麦 えび かに 落花生 そば
× × × × × × ×

※本品は卵・乳成分を含む製品と共通の設備で製造しています。



記憶の番人の商品情報 

製品の特徴
成分
届出内容
アレルギー
届出表示
本品にはエルゴチオネインが含まれます。抗酸化作用をもつエルゴチオネインは継続的な摂取により、中高年の方の記憶力(人や物の名前などを記憶し、後から呼び起こす能力)及び注意力(物事に対して注意を集中して持続させる能力)を維持する機能があります。
機能性関与成分
エルゴチオネイン 5㎎
1日あたりの摂取目安量
4粒(800mg)
栄養成分表示
エネルギー:2.9kcal、たんぱく質:0.2g、脂質:0.02g、炭水化物:0.5g、食塩相当量:0.001g
届出番号
F682
製造者
株式会社エル・エスコーポレーション
保存の方法
直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
摂取の方法
1日4粒を目安に水などでお召し上がりください。
摂取上の注意
原材料をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。
本品は、多量摂取により、疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日摂取目安量を守ってください。
ご注意
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
原材料名をご確認の上、食物アレルギーのある方はお控えください。
成分名
エルゴチオネイン
安全性評価
本届出食品の喫食実績について、類似する食品(エルゴチオネイン含有食品)が日本および台湾において販売されており、食経験を有している。           
・摂取集団:日本全国および台湾全土の健康な男女           
・摂取形状:エキス形態           
・摂取方法:エキスとしてそのまま摂取           
・摂取頻度:毎日摂取           
・食習慣を踏まえた機能性関与成分の日常的な摂取量:1 日あたりエルゴチオネイン12.32mg の摂取           
・機能性関与成分の含有量:1 日あたり12.32mg           
・販売期間:日本:2001 年から、台湾:2010 年から、           
・販売量:日本:累計960 万日分(1 日摂取目安量12.32mg として)台湾:累計19 万6 千日分(1 日摂取目安量12.32mg として)           
・健康被害情報:今までに健康被害の情報なし           
本届出食品の類似食品であるエルゴチオネイン含有食品については、2001 年より日本全国で販売されており、台湾でも2010 年から全土で販売されている。本届出食品の機能性関与成分の一日摂取目安量である5mg を上回る摂取量(12.32mg)であるが、日本および台湾において健康被害は報告されていない。なお、上記の類似する食品は、機能性関与成分の消化・吸収過程に与えるような加工は行っておらず、加工工程の影響による変質も確認されていない。以上より、本届出食品が十分な喫食実績を有しており、エルゴチオネインを1 日摂取目安量として5mg摂取することの安全性が担保されていると判断した。           
医薬品との相互作用
なし
機能性評価
健常者および軽度認知障害者に対するエルゴチオネイン含有食品の認知機能改善効果           
本研究において、対象者として40代以降の者および30代のMCIの者を含めた層別解析において言語記憶力、単純注意力においてプラセボ食品群との有意差が認められた。           
作用機序
エルゴチオネインの記憶力および注意力に関する作用機序としては、神経新生作用や神経障害保護作用・記憶障害抑制作用、認知機能速度(情報処理速度)の上昇作用、抗酸化作用等が関与していることが考えられる。記憶力に対する影響については、エルゴチオネインの神経新生作用による影響が考えられる。海馬での神経新生は記憶の獲得と関係することが報告されており、放射線照射により海馬の神経新生を阻害すると、若いマウスでも記憶・学習能力の著しい低下が起こることが報告されており、海馬の神経新生は記憶力に影響を及ぼす重要な因子と考えられている。これらの結果より、エルゴチオネインの神経新生作用が認知機能の記憶力に寄与していることが考えられる。           
エルゴチオネインには神経障害保護作用・記憶障害抑制作用が報告されており、ラットの褐色細胞腫(PC12)細胞におけるβ-アミロイド誘発性の細胞毒性をエルゴチオネインが抑制することが確認されている。また、神経毒性があるβ-アミロイドを海馬に投与したマウスにエルゴチオネインを 16 日間投与することで、記憶能力および学習能力に関する改善が認められた。なお、β-アミロイドは加齢により脳内に蓄積することが知られている。これらの結果より、エルゴチオネインの記憶障害抑制作用・神経障害保護作用が中高年の記憶力の維持・改善に寄与していることが考えられる。           
また、認知機能速度(情報処理速度)は記憶力や注意力,作業記憶のような広範囲な高次脳機能に影響を与えることが報告されている。健常成人を対象としたヒト臨床試験において、エルゴチオネイン摂取群がプラセボ摂取群と比較して認知機能速度(情報処理速度)が有意に速くなることが報告されている。なお、情報処理速度は加齢とともに下がっていくことが報告されている。これらの結果より、エルゴチオネインの認知機能速度(情報処理速度)上昇作用が中高年の記憶力および注意力の維持・改善に寄与していることが考えられる。           
さらに、記憶力や注意力など認知機能の低下は酸化ストレスが関与しており、酸化刺激により、神経毒性を持つβ-アミロイドが増加することが報告されている。エルゴチオネインには抗酸化作用が報告されており、健常成人を対象としたヒト臨床試験で、エルゴチオネイン摂取群がプラセボ摂取群と比較して抗酸化力(ORAC:Oxygen RadicalAbsorbance Capacity)を有意に改善することが確認されている。なお、前述の通り、β-アミロイドは加齢により脳内に蓄積することが知られている。これらの結果より、エルゴチオネインの抗酸化作用がβ-アミロイド蓄積抑制などを介して、中高年の記憶力および注意力の維持・改善に寄与していることが考えられる。           
前述の通り、エルゴチオネインは神経新生作用や神経障害保護作用・記憶障害抑制作用、認知機能速度(情報処理速度)の上昇作用、抗酸化作用などに関与しており、これらの作用が複合的に働くことで、中高年の方の記憶力(人や物の名前などを記憶し、後から呼び起こす能力)および注意力(物事に対して注意を集中して持続させる能力)を維持する機能に繋がっているものと考える。           
食品の区分
加工食品(サプリメント形状)
届出者
株式会社エル・エスコーポレーション 代表取締役 鈴木 真
お客様相談室の連絡先
0120-465-165
想定する主な対象者
脳の認知機能(記憶力や注意力)の衰えを感じている健康な中高年の方
安全性の評価方法
喫食実績の評価
機能性の評価方法
最終製品を用いたヒト試験(ヒトを対象とした試験)により、機能性を評価
生産・製造及び品質管理
本届出製品は住岡食品株式会社浜北工場又はイーエスフーズ株式会社浜松工場にて製造を行っております。公益社団法人日本健康・栄養食品協会の健康食品GMP認証をそれぞれ取得、また住岡食品株式会社は浜松市HACCP、イーエスフーズ株式会社はFSSC22000の認証取得もしており、その基準に準拠した製造及び品質管理を行っております。           
過剰摂取に繋がらない理由
1日摂取目安量中の脂質、炭水化物、食塩相当量は、それぞれ、脂質0.02g、炭水化物0.5g、食塩相当量0.001gであるため、これらの過剰な摂取につながらないと判断しました。           
 
消費者庁届出情報DB
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/42104220560201
小麦 えび かに 落花生 そば
× × × × × × ×

※原材料をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。



ハイサラシア タブレットの商品情報 

製品の特徴
成分
届出内容
アレルギー
届出表示
本品にはサラシア由来サラシノールが含まれます。サラシア由来サラシノールには、食事から摂取した糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇をゆるやかにする機能が報告されています。
機能性関与成分
サラシア由来サラシノール 0.6㎎
1日あたりの摂取目安量
9粒(1.8g)
栄養成分表示
エネルギー:6.98kcal、たんぱく質:0.04g、脂質:0.03g、炭水化物:1.65g、食塩相当量:0.004g
届出番号
F332
製造者
株式会社タカマプランニング
保存の方法
直射日光、高温多湿のところを避けて保存してください。
摂取の方法
1日9粒を目安に、食事の前に水またはぬるま湯でお召し上がりください。
摂取上の注意
本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
特に糖尿病薬を服用される際は、医師に相談してください。
ご注意
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
原材料名をご確認の上、食物アレルギーのある方はお控えください。
成分名
サラシア由来サラシノール
安全性評価
株式会社タカマプランニングはサラシア由来サラシノールを1日摂取目安量0.6mg含有する錠剤型サプリメントを2008年から継続販売しており、累計6万個以上を出荷しています。また、サラシア由来サラシノールを含む原料は、1999年から2016年までに35,000kg以上の販売実績があります。摂取集団は日本人の健康成人で、今までに重篤な有害事象が発生したという報告はありません。           
一方、医薬品との相互作用について、サラシア由来サラシノールには、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする機能が報告されており、糖尿病の治療薬に影響を与える可能性が懸念されたが、過去の文献から1日目安量を超えない範囲で摂取する場合、低血糖を引き起こす可能性は低く、肝薬物代謝酵素への影響についても軽微であることがわかった。           
以上より、当該製品は安全であると判断した。
医薬品との相互作用
本品は消化酵素α-グルコシダーゼを阻害することにより、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする機能が報告されていることから、糖尿病の治療薬に影響を与える可能性があります。しかし、下記参考文献によると、糖尿病治療薬服薬中の2型糖尿病患者が本品を、1日目安量を超えない範囲で摂取する場合、低血糖を引き起こす可能性は低く、肝薬物代謝酵素への影響についても軽微であると考えられています。その他、糖尿病薬以外の薬との相互作用については報告がありません。以上のことから本届出製品と医薬品との相互作用については問題ないと考えられています。           
ただし、本品の対象は健康な成人男女であり、想定外に摂取を行った場合、糖尿病治療薬あるいはその他の医薬品との相互作用による健康被害が発生する可能性が皆無とは言えませんので、糖尿病薬を服用される際は、医師に相談してください。           
機能性評価
サラシア由来サラシノールの食後血糖値の上昇を抑制する機能           
採用された論文 2 編はいずれも空腹時血糖値が正常域または境界域 (126mg/dL 未満)の疾病に罹患していない日本人(18 歳未満の者、妊産婦、授乳婦は除く)を対象とした研究で、糖質を含む食事1回あたりサラシノールとして0.03~0.5 mgを摂取したとき、食後血糖値や、食事からの糖の吸収量を示す食後血糖の血中濃度曲線下面積(AUC 0-120 min)が対照食品群と比較して減少していました。なお、サラシノールに起因すると考えられる健康被害はありませんでした。           
作用機序
食事から摂取された炭水化物に含まれるショ糖や麦芽糖などの二糖類は、それぞれスクラーゼやマルターゼといった酵素(α-グルコシダーゼ)により加水分解された後、ブドウ糖などの単糖類の形で体内に吸収され、血糖値の上昇を引き起こす。これまでの研究結果から、α-グルコシダーゼの活性を阻害し、二糖類から単糖類への分解を抑制することで食後血糖値の上昇がゆるやかになることが報告されている。           
本届出食品の関与成分であるサラシア由来サラシノールは、サラシア属植物種のエキスに含まれている。このエキスにおけるα-グルコシダーゼ阻害能とサラシア由来サラシノール含量に正の相関が認められることや、エキスに含有する他の成分の含有量やα-グルコシダーゼ阻害能が僅かであり、食後血糖値の上昇抑制に影響を与える可能性は低いと考えられることから、サラシア由来サラシノールがα-グルコシダーゼを阻害し、糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇をゆるやかにすると考えられる。           
吉川らは、サラシアから単離精製したサラシノールを用いて、ラットの小腸から精製した酵素を用いた酵素阻害試験(in vitro試験)およびラットへの糖負荷(負荷した糖:ショ糖、麦芽糖)による血糖値上昇抑制作用試験(in vivo試験)を行い、その作用機序を証明した。           
さらに臨床試験においても、サラシア由来サラシノールが健常者におけるショ糖負荷後の血糖値とインスリン値の上昇に対する抑制効果を示したことや健常者や境界域を含む被験者を対象とした試験において、米負荷後の血糖値上昇抑制が見られたとの報告があり、ヒトにおいても同様にサラシア由来サラシノールの食後血糖値の上昇をゆるやかにする機能が認められている。           
食品の区分
加工食品(サプリメント形状)
届出者
株式会社タカマプランニング 代表取締役 高松 日出子
お客様相談室の連絡先
0120-55-3648
想定する主な対象者
健康成人
安全性の評価方法
喫食実績の評価
機能性の評価方法
機能性関与成分に関する研究レビュー
生産・製造及び品質管理
当該製品「ハイサラシア タブレット」は、公益財団法人 日本健康・栄養食品協会から認証を受けたGMP適合協力工場にて、GMP規定に準拠した衛生管理、品質管理に基づき製造している。           
過剰摂取に繋がらない理由
本品の1日摂取目安量当たりの脂質は0.03g、炭水化物は1.65g、食塩相当量は0.0039gと微量であり、食事とともに摂取した場合においても健康増進法施行規則第11条第2項で定める栄養素の過剰な摂取につながらないと考える。           
 
消費者庁届出情報DB
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/42105070510201
小麦 えび かに 落花生 そば
× × × × × × ×

※原材料名をご確認の上、食物アレルギーのある方はお控えください。



コレカットレモンの商品情報 

製品の特徴
成分
申請内容
アレルギー
許可表示
海藻由来の水溶性食物繊維(低分子化アルギン酸ナトリウム)を配合した飲料です。コレステロールの吸収をしにくくし、おなかの調子を整える作用がありますので、食物繊維が不足しがちな現代人の食生活の改善に役立ちます。
許可番号
378
製造者
カイゲンファーマ株式会社
栄養成分表示
製品1缶(150g)当たり、熱量 27kcal/たんぱく質 0g/脂質 0g/炭水化物 9.5g(糖質 6g、食物繊維 3.5g)/食塩相当量 1.2g
関与する成分
低分子化アルギン酸ナトリウム
1日当たりの摂取目安量
1缶150g(低分子化アルギン酸ナトリウム4g)
摂取の方法
1日当たり、1缶を目安にお飲みください。
摂取上の注意
飲みすぎ、あるいは体質・体調によりおなかがゆるくなることがあります。
※コレカットレモンには、ヨード(ヨウ素)は含まれません。
保存の方法
凍らせないでください。内容液が膨張し、容器が破損する場合があります。
その他
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
成分名
低分子化アルギン酸ナトリウム
安全性に関する評価
健常な男女18人に低分子化アルギン酸ナトリウム10g、15g、20g、25gを4~6日間ずつ試験飲料として経口投与し、排便状況について調べた。 結果、低分子化アルギン酸ナトリウムの軟便を誘発しない最大無作用量は、男性で0.27g/㎏、女性で0.34g/㎏であった。 体重50㎏のヒトを想定すると、軟便状態となる低分子化アルギン酸ナトリウムの摂取量は男性では13.5g以上であり、女性で17.0g以上と予想される。 低分子化アルギン酸ナトリウムの便通改善作用の有効な摂取量は、4g/日と推定され、その3倍量の摂取でも下痢など不快な排便状態にならないことがわかった。
出典:申請資料より引用
有効性に関する評価
研究1:           
健常成人15名に、低分子化アルギン酸ナトリウムを4g含有する清涼飲料水150gおよびミネラルウォーター150mLを各1週間飲用させ、便重量、便乾燥重量(水分含量)を測定した。 結果、低分子化アルギン酸ナトリウム摂取群で便重量および水分含量において、ミネラルウォーター摂取群と有意差がみられ、本品の摂取により便重量および便の水分含量が増大することが分かった。           
研究2:           
低分子化アルギン酸ナトリウム4gを含有する清涼飲料水、及びプラセボ飲料をコレステロール負荷食下で、比較的コレステロール値の高い健常男性17人に3週間投与した。 結果、当該清涼飲料水が血清総コレステロール値改善作用を示すことが明らかになった。           
研究3:           
成人男性37人を対象に血清総コレステロール値の比較的高い人(220~250㎎/dL以下)、ほぼ正常域の人(180~220mg/dL)を対象に通常の食事下でコレカットの有用性を調べた。 その結果、正常域の人にはほとんど影響を与えず、高めの人の血清総コレステロール値を改善することがわかった。           
出典:申請資料より引用
関与成分の分析方法
液体クロマトグラフィーの外部標準法による定量試験
トクホの区分
特定保健用食品
申請企業
カイゲンファーマ株式会社
お客様相談室の連絡先
0120-101-329
安全性の評価方法
過剰摂取による安全性臨床試験
有効性の評価方法
臨床試験
国立健康・栄養研究所(「健康食品」の安全性・有効性情報)
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail370.html
小麦 えび かに 落花生 そば
× × × × × × ×



コレカットゼロの商品情報 

製品の特徴
成分
申請内容
アレルギー
        
許可表示
「コレカットゼロ」は、海藻由来の水溶性食物繊維(低分子化アルギン酸ナトリウム)を配合した、ノンカロリーで飲みやすい飲料です。コレステロールの吸収をしにくくし、おなかの調子を整える作用がありますので、食物繊維が不足しがちな現代人の食生活の改善に役立ちます。
許可番号
1429
製造者
カイゲンファーマ株式会社
栄養成分表示
製品1缶(150g)当たり、熱量 0kcal/たんぱく質 0g/脂質 0g/炭水化物 9.4g(糖質 5.9g、食物繊維 3.5g)/食塩相当量 1.3g
関与する成分
低分子化アルギン酸ナトリウム 4g
1日当たりの摂取目安量
1缶150g(低分子化アルギン酸ナトリウム4g)
摂取の方法
1日当たり、1缶を目安にお飲みください。
摂取上の注意
飲みすぎ、あるいは体質・体調によりおなかがゆるくなることがあります。
※コレカットゼロには、ヨード(ヨウ素)は含まれません。
保存の方法
凍らせないでください。内容液が膨張し、容器が破損する場合があります。
その他
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
成分名
低分子化アルギン酸ナトリウム
安全性に関する評価
健常な男女18人に低分子化アルギン酸ナトリウム10g、15g、20g、25gを4~6日間ずつ試験飲料として経口投与し、排便状況について調べた。 結果、低分子化アルギン酸ナトリウムの軟便を誘発しない最大無作用量は、男性で0.27g/㎏、女性で0.34g/㎏であった。 体重50㎏のヒトを想定すると、軟便状態となる低分子化アルギン酸ナトリウムの摂取量は男性では13.5g以上であり、女性で17.0g以上と予想される。 低分子化アルギン酸ナトリウムの便通改善作用の有効な摂取量は、4g/日と推定され、その3倍量の摂取でも下痢など不快な排便状態にならないことがわかった。
出典:申請資料より引用
有効性に関する評価
研究1:           
健常成人15名に、低分子化アルギン酸ナトリウムを4g含有する清涼飲料水150gおよびミネラルウォーター150mLを各1週間飲用させ、便重量、便乾燥重量(水分含量)を測定した。 結果、低分子化アルギン酸ナトリウム摂取群で便重量および水分含量において、ミネラルウォーター摂取群と有意差がみられ、本品の摂取により便重量および便の水分含量が増大することが分かった。           
研究2:           
低分子化アルギン酸ナトリウム4gを含有する清涼飲料水、及びプラセボ飲料をコレステロール負荷食下で、比較的コレステロール値の高い健常男性17人に3週間投与した。 結果、当該清涼飲料水が血清総コレステロール値改善作用を示すことが明らかになった。           
研究3:           
成人男性37人を対象に血清総コレステロール値の比較的高い人(220~250㎎/dL以下)、ほぼ正常域の人(180~220mg/dL)を対象に通常の食事下でコレカットの有用性を調べた。 その結果、正常域の人にはほとんど影響を与えず、高めの人の血清総コレステロール値を改善することがわかった。           
出典:申請資料より引用
関与成分の分析方法
液体クロマトグラフィーの外部標準法による定量試験
トクホの区分
特定保健用食品(再許可等)
申請企業
カイゲンファーマ株式会社
お客様相談室の連絡先
0120-101-329
安全性の評価方法
過剰摂取による安全性臨床試験
有効性の評価方法
臨床試験
小麦 えび かに 落花生 そば
× × × × × × ×

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。